みんな知ってる!?冬の旅行の注意事項3選

乾燥はお肌の大敵です

ホテルに滞在する場合に最も注意したいのが、部屋の乾燥です。暖かいのは結構ですが、気密性が高いので、あっという間に湿度が下がって乾燥してしまいがちです。空気が乾燥すると、肌やのどが渇きますね。しかも、いつもとは違う環境もあって、風邪をひいてしまうかもしれません。そこで、バスタブにお湯を張ってそのままドアを開けて就寝する、タオルを濡らして干しておく、フロントで加湿器を借りる、などしてしっかり乾燥対策を行いましょう。

女性にとって冷えは大敵です

冬ですから、それは寒いのは当たり前ですね。しかし、旅先で思ったよりも寒かった、なんていうときには、羽織るものやブーツ、マフラーなど用意をしていない場合もあることでしょう。旅先で防寒着を購入するのもオツなものかもしれませんが、そんな時間も予算もない、そんなときには我慢せずに使い捨てカイロを購入しましょう。寒さを防ぐポイントはおなかを温めることと首を温めることです。冷えから体調を崩すこともあるので、旅先での寒さは我慢しないことです。

TPOをわきまえて靴を用意しよう

冬の場合は防寒のほか、雨・雪を考えてしっかり靴の対策も必要です。しかし、旅先でディナーをいただいたり、ちょっと高級なお店に行くときには、やはり靴は履き替えたいものですね。旅先だからいいか!と言ってブーツのままお食事というのも無粋なものです。夏ならば少し開放的な感じでサンダルでもかろうじてセーフの場合もあるでしょうが、冬ではそうはいきません。少し荷物にはなりますが、ちょっと予定があるならば着替えだけでなくて靴もお出かけ用のものを持参するとよいでしょう。

初心者向けのスキーツアーには、スクールがセットになっているタイプもあり、スキーを正しく安全に習得したい方に最適です。