中古車でステキなカーライフを送ってみよう。

安いのには理由がある。

中古車いうと、安かろう悪かろうのイメージがつきまといます。しかし、その考え方は古いですよ。今は程度の良い物件が溢れていて、憧れていたグレードや欲しかった車が手に入りやすいのです。そうは言ってもやはり中古は中古なので、新車より安いのには理由があります。当然、年式が落ちます。距離を走っています。室内は使われた形跡があります。しかしこれらは程度の問題で、前のオーナー次第では新車同然な使われ方をしている物件だってあるのです。要は値段だけでなく、状態を良く見る、ということが大事なのです。

走れば消耗していくもの。

比較になりますが、年式が新しくて走行距離が多い物件と年式が古くて走行距離が少ない物件、私は後者を選びます。車は消耗品の塊です。走ること自体は部品ををすり減らします。走行に関わる部品の摩耗による交換は出費を招きます。エンジンルームも含めて物件の周囲を見た時に、ゴムやプラスチック部品の状態がボロボロでなく、年式のわりに走行距離が少なければ買いだと言えます。車体部分に錆は論外ですが、以上の条件に注意しながら見れば良い物件に出会えるでしょう。何故ならこの選び方で私は得しかしたことしかないからです。

それでも中古車なので。

それでも中古車にトラブルの不安はあります。しかし、今は新車ほどの期間ではないですが保証付き販売が一般的になりつつあります。保証のおかげでカーナビが故障した時は助かりました。店舗によっては、いざという時の対応をしてくれないところもあります。納車したての新車ですらトラブルが発生することはありますので、中古車は壊れると思わずに、良い物件を見極めてしっかり対応してくれる店を探しましょう。そうすれば驚くほどの低予算でステキなカーライフが送れるはずです。

ボルボを中古車で購入する際には、価格だけでなく走行距離や年式、装備など、様々な点をチェックした上で購入することがポイントです。