手軽で身近な楽器といえば、やっぱりギター!

手軽で身近なギターという楽器

楽器といってもいろいろなものがあるわけですが、手軽に持ち歩けて身近に感じられるものはといえば、やはりギター、ということになるのではないでしょうか。もっとも、エレキギターであればギターアンプが必要なので、アコースティックギターということになりますね。エレキに対して生ギターとも呼ぶアコースティックギターであれば、どこにでも持って行けますし、自分の部屋にいるときは、自分のすぐ脇に置いておいて、気が向いたときに手にとって弾いてみる、といったことができますから、感覚的にもとても身近に感じられるものなのです。

やはりエレキギターの方がという人も

とはいっても、やはりエレキギターの、あのキューンと伸びのある音が好きで、という人もいるでしょう。でも、普段、アコースティックギターを弾いていてギターに慣れていれば、エレキギターに持ち替えても、ギターの弾き方をそのまま活かすことができるわけですね。もちろん、エレキとアコースティックでは、いろいろと違いがあるのですが、同じギターであることには変わりがないので、弾き方そのものはそのまま応用できるのです。

ギターを弾いてみんなで歌いながらの楽しい旅も

アコースティックギターのメリットは、何といっても、どこにでも持って行けて、どこででも弾けてしまう、という点でしょう。それこそ、歩きながらでも弾けてしまいますし、旅をしているときなど、バスや電車の中ででも、すぐにその場で弾けてしまうので、親しい友人たちとの旅行である場合など、大人数で乗れるワゴン車での旅行であれば、ギターを弾いてみんなで歌いながら、といったこともできてしまって、とても楽しい旅になること請け合いです。

ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの種類があり、楽器本体は金属で出来ているが吹奏楽などでのポジションは「木管楽器」であるサックス。ジャズ演奏でも必要不可欠な存在であり、ソロで活躍する人が多い楽器です。